交通事故

アクセス

ご氏名 たかさん様

ご住所 岸和田市

年齢  73  歳

性別     女     

症状  右手指の痛み                 

昨年の夏、だんだん痛くなっていた右手指の力が入らなくなり、もう使うどころか下に降ろすのも痛くなり、大ケガのように上にあげているしかなくなりました。それまでシップや塗り薬でなんとかなだめていたのですが、その時になってやっと「あっ、接骨院に行くといいかも」と気付きました。近くのすまいるさんにかけ込みました。院の方々はきっと「何事か?!」と驚かれた事でしょう。結局親指のバネ指で使いすぎむりやり動かしすぎとの事。それから長い治療が始まりました(現在翌年3月)初めの院の印象はどなたもニコニコととてもいい雰囲気でここなら通っても大丈夫と安心できました。担当の當仲先生はマッサージ中手指の腱や筋のことなどいろいろたずねる私にいつもていねいに教えて下さいました。またいつも笑顔でニコニコアハハで今まで一度も怖い顔を見たことがありせん。その上手指が暖かく柔らかいとても心地よく安心して通うことができました。治療の痛みはあっても「痛い~」と言え痛がりのに私ら「うーワン!」と何度か噛みつこうと思いましたが(ジョーダン)絶妙なタイミングで回避され一度もかみつけませんでした。また痛みを忘れるためとの口実のおしゃべりにつきあっていただけました。当初はほぼ全く右手は使えず力も入らずこんなに酷使していたのかと親指様にいつもあやまっていました。食事は左手でフォークを使って食べていました。1カ月前後にはビクン!とはねていた指がはねなくなり、ほんとに一安心しました。しばらくしてやっと右手に左手をそえて力をいれず動かすのもこわくなくなりました。玄関のドアのキーを不安なく回せるようになるのに数ヶ月かかりました。5ヶ月ほどしてフォークを右手に変えても大丈夫になり7か月程で鉛筆なども気を付けてではあるけど使えるようになりましたあと一息か二息か?その間ずーっと當仲先生にいつもよりそっていただきましたいつも前向きな言葉で話しかけて下さり私も先生にまかせていれば大丈夫きっと良くなると思っていました。本当にありがとうございます。感謝感謝です。これからは身体を酷使せず大切につきあっていきます