交通事故

アクセス

変形性膝関節症などの膝の痛み

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 歩くと膝が痛い
  • レントゲンを撮ったら軟骨がすり減っていると言われた
  • 正座がしにくくなってきた
  • 膝の曲げ伸ばしでパキパキ鳴る

膝の痛みはなぜ起きる?|すまいる鍼灸接骨院・すまいる針灸接骨院

当院では、膝の痛みは骨盤の歪みからきていると考えます。
骨盤が歪んで体のバランスが崩れると、それを補おうと他の場所に負荷がかかり筋肉の硬さや痛みが生じやすくなります。骨盤が歪むことで左右の足の長さがかわり、本来均等に体重が乗らなければならないところが、片方の足に体重が乗りすぎてもう片方にきれいに体重がのらなくなります。

膝の関節は太ももの骨と脛(すね)の骨で構成されています。骨盤が傾いた状態で体重を乗せると太ももの骨と脛(すね)の骨もずれてしまいます。きれいに関節がはまっていると負担がないのですが、ズレて体重がのってしまうと膝の関節の内側や外側に負荷がかかってしまいます。なので膝の関節をしっかりはめこむためには、そのズレの原因の骨盤を整えていく必要があります。

軟骨のすり減りは関係あるの?|すまいる鍼灸接骨院・すまいる針灸接骨院

健康な方でも加齢により軟骨のすり減りは生じます。しかし同じ年齢でも痛い人、痛くない人との違いはなんでしょう?
すり減っていてもあまり痛くないのは、すり減りが軽いためと考えるかもしれません。しかしすり減って変形していても痛みを訴えない方がいる一方で、軽い変形で強い痛みを感じることがあるのです。
軟骨がすり減って変形していることが痛みの原因であれば、それを治さない限り痛みはよくならないことになります。(つまり手術をしないいけない?)
当院では、膝の軟骨はすり減ったままでも、手術をせずに痛みが良くなられた患者様が多くいられます。それは丁寧な問診、検査、触診をしたうえで痛みの原因をみつけ、構造医学を基にした根本治療を行っているからです。

当院の膝の痛みの改善方法|すまいる鍼灸接骨院・すまいる針灸接骨院

当院の施術は問診から始まり、構造医学を基にした身体の重心バランスの検査、骨格や関節、筋肉の状態の検査、施術という流れで行います。施術は痛みの原因である身体の歪みを整える骨格矯正、膝の関節を整えるための整復、炎症をとるためのアイスマッサージ、専用のローラーをあてテーピングを施します。ほかにもハリやお灸を組み合わせたり、膝の周りの筋肉の状態をよくするための疼痛筋肉個別アプローチを行ったりします。患者様の状態に合わせて適切に治療内容を選択し身体の状態に合わせた生活習慣の指導も行います。
身体の状態を正し、歩き方や座り方など日常生活動作を整えていくことで痛みが軽減していく方が多いです。

ただ今お悩みの症状を少しでもよくしたい、あきらめたくない方はぜひ当院にご相談ください。

膝の痛みでよくある質問|すまいる鍼灸接骨院・すまいる針灸接骨院

Q、水がたまったら抜いたほうがいいの?
A、当院では膝にたまった水は抜く必要ないと考えています。膝に水がたまる原因として、膝の関節内で炎症が起きていてその炎症をおさえる為に水がたまると考えています。
対症療法で水をぬいて腫れをひかせても、なぜ腫れているのかその原因から治さないと再発を繰り返す傾向があります。膝の状態が改善され、炎症が引くと膝の水も吸収されなくなっていく事も多いです。

Q、太ももをきたえたら大丈夫?
A、太ももの筋肉を鍛えることはいいことだと思いますが、ただ鍛えたらいいというわけではありません。
膝の関節に負担がかかる悪いクセが治らなければ、膝に負荷がかかりすぎてしまうことがあります。まず筋トレの前に正しい姿勢を身に着け、身体が整った状態での筋トレを行いましょう。個人によって注意点は異なります。あなたに合わせた筋トレ方法をお伝えしますので、ご相談ください。

各院のご案内

東きしわだ院

電話・時間

アクセス

ながよし院

電話・時間

アクセス

うりわり院

電話・時間

アクセス

春木院

電話・時間

アクセス

きたのだ院

電話・時間

アクセス

土生町院

電話・時間

アクセス

泉が丘院

電話・時間

アクセス